ハンドグリップ法

年代が上向くにつれて血圧は昇りやすくなります。たとえただいまは血圧が規則的で差し当たっては無事だと思っていても今後的にはその限りではありません。

高血圧症になる可能性は誰にでもあるといえるので、現時点から血圧の変移に気をつけて、規則正しい血圧を保ち、健やかさのコントロールに用心することが大事です。そして、高血圧症の措置には規則的な食生活やエアロビクスなどが効果的だといわれていますが、カナダのドクターが立案し、米国の学会でも認められた「ハンドグリップ法」という自分自身でできるエキササイズも、成果があることが分かってきました。

これで高血圧症の対策になるのなら、慌だしい人でも日毎に実行することは決して無理ではありませんね。ところで、この米国の学会が成果があると認めた高血圧方策のやり方には、ほかにもエアロビクスがあります。

断糖食による高血圧の改善法とは?

エアロビクスとは、軽度から中程度くらいの軽めの動きで、長い期間かけてキープできる運動のことで、体内の酸素を使って脂肪組織を燃焼させることで精気を作る運動で、高血圧対策のほかに脂肪太り対策にも影響があります。