間板や軟骨

私たちの身体は、多くの骨や筋肉からできています。

骨と骨の間には、クッションの役割をする椎間板や軟骨などもあります。

その中でも、ここでは首に注目してみたいと思います。

首は、頚椎と呼ばれる7つの輪っか状の骨と、頚椎の間を通る頚髄という神経から成っています。

その回りを筋肉が覆っている感じですね。

一般的に呼ばれる「首の痛み」というのは、何らかの原因で頚髄が刺激されてしまうことや、首の回りの筋肉が疲労していることが原因となります。

首というのは、頭を支える重要なところです。

頭は、大人の場合は約5kg、ボーリングの玉に相当するほどの重さになるのです。

福辻式腰痛ストレッチ