肉体と感情の相互作用

コントロール不可能と思われている感情も、肉体をコントロールすることでコントロールすることが可能なのです。

しかし、さきほども言いましたが、多くの人は「肉体と感情の相互作用の効果」を舐めています。

だから、一方的に、感情に肉体をコントロールされています。

例えば、うつ病など精神的な病気を患っている人は、たいてい肩落として、猫背で、目がうつろで、トボトボと覇気なく歩きます。

その体の使い方は、感情側から一方的に、コントロールされていると気づかずに・・・。

例えば、自信がない人も同じように、肩を落として、猫背で、手をもじもじして、人と目を合わせずに、挙動不審にしています。

その体の動作が、感情からの作用でそうなっていることを気づかずに・・・。

いいですか?

よく聞いてくださいね?

肉体と感情はリンクしています。

肉体と感情は相互作用関係にあります。

だから、今日から感情から一方的に肉体を操作されないように、あなたの意思で肉体を操作して、感情をプチ認知療法(下園壮太のうつ病改善法)でコントロールしていかなければいけないのです。

なぜなら、肉体は自分の意思でコントロール可能なのだから、コントロールしないことの方がもったいないですよね?